漏水調査
(管路調査)

当社では、マンション室内の漏水調査から、
外部埋設管の漏水調査まで幅広く行っております。


漏水調査機(音調調査機)

外部埋設管の漏水は、大体の配管範囲を見当づけ、管路調査機により配管経路を調査します。
その後に、それに沿って音調調査機にて漏水音を探知し、漏水個所を探します。


管路調査機


管路調査の様子

管路調査のみの作業もお受けします

 

 

マンション室内の漏水調査は外部調査とは全く異なります

マンション室内の漏水は、まず漏水被害を受けている個所を確認します。
天井裏等を覗いて上階から漏水していることを確認します。

上階から漏水していることがはっきりしたら、上階の部屋の中に入らせてもらって調査します。
留守の場合は調査できませんし、上階の所有者の了解が必要です。

大体の漏水個所の見当から調査に入ります。

洗面台のフレキ管がゆるんでいたり、洗濯機のホースが外れていただけという例もあります。

目に見える範囲で漏水がないとなると床下配管からの漏水が考えられます。
この場合、給水管・給湯管は圧力がかかっているため、常時漏水し続けることになります。

また、排水管の場合は、使用したときにのみ漏水することになります。

床下を調査するに当たって、ファイバースコープでまず床下の調査をします。
ファイバースコープですと1cm以下の穴で床下を観察できます。


ファイバースコープ(ビデオスコープ)

床下が濡れていることが確認できれば、間違いなく床下配管からの漏水ですので、
床材を大きく切り取って、開口します。

実際の漏水個所(配管の穴)を探し出し、補修します。

開口した床を補強し、補修します。

洗面台などを撤去した場合は復旧します。

この一連の作業を外注せずに施工できます

またマンションの場合は、漏水等被害についての保険に加入しているところが多いと思いますが、
保険申請用の書類も作成致します。

 

ご相談下さい